有酸素運動とは

有酸素運動とは、酸素を消費し充分な呼吸を確保しながらできる運動のことをいいます。
有酸素運動することによるダイエットの仕組みを説明します。

血液中には脂肪が流れていますダッシュ(走り出すさま)
その脂肪が体脂肪となる前に、酸素と結合して燃焼されることによって肥満は回避できます。
そして、すでについてしまった体脂肪は、血中脂肪の次に燃焼されますどんっ(衝撃)
つまり、いかに酸素とともに脂肪を消費できるかがダイエットの鍵となりますパスワード

有酸素運動は、ゆっくりと深く、多くの酸素を取り込むことができる運動です。
そのため、血中を流れる脂肪や、ついてしまった体脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的なのです手(チョキ)

しかし、脂肪を分解・燃焼するためには充分な量の酸素を必要とします。
息が切れてしまう程のきつい運動ではバテてしまうだけで、脂肪は燃えてくれませんふらふら
そして、有酸素運動をしたからといって、すぐに脂肪が燃え始めるわけではありません。

脂肪が燃え始めるのは運動開始後20分くらいから。
この20分以上有酸素運動を続けるということが大変なのですあせあせ(飛び散る汗)
日頃、運動経験の少ない人は15分程度から始め、徐々に30分程度の運動が行えるようにしていくと良いです。
30分以上続けて行えるようになったら強度を少しずつ上げていけるとよいでしょう。
45分以上有酸素運動を続けると、よりダイエットに効果的であるといわれています。
有酸素運動は無理なく続けることが大切でするんるん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。