基礎代謝量を増やすには

男女とも基礎代謝量は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。
この基礎代謝低下の原因は、『筋肉の衰え』と『心肺機能の低下』といわれています。

逆に言えば、筋肉量が増えるか、心肺機能が上がれば基礎代謝量はアップするということです。
つまり、基礎代謝量を増やすためには、静的運動では筋肉量を増やし、腹式呼吸で横隔膜を鍛え、有酸素運動では心臓や肺などを鍛えることが大切なのです。
そうすれば基礎代謝が増え、全身の持久力がアップして、太りにくい体になり、ダイエット向きの体に生まれ変わることができるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。