基礎代謝量と性別・年齢の関係

基礎代謝量は性別と年齢によって大きく違います。

まず、性別についてですが、女性より男性の方が基礎代謝量は多くなっています。
その理由は、女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えておく必要があるからです。
また、一般的に筋肉の量は男性の方が多いため、女性の方が男性に比べると基礎代謝量が少ないのです。

次に、年齢についてです。
男女とも基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。
20歳前の成長期で男性約1500kcal/日、女性約1200kcal/日のピークを迎えた後、徐々に減っていきます。
40歳前後で男性約1450、女性約1150に一気に下降してしまいます。
50歳前後では男性約1400、女性約1100にまで下がっていきます。
その結果、年をとっても若い頃と同じような食事量をとっていると、急に太ってしまうことになり、中年以降は太りやすい体に変わっていくのです。

詳しい年齢別基礎代謝量は以下の通りです。


基礎代謝量と性別・年齢の関係
年齢(歳)男性(kcal/日)女性(kcal/日)
1〜2700700
3〜5900860
6〜810901000
9〜1112901180
12〜1414801340
15〜1716101300
18〜2915501210
30〜4915001170
50〜6913501110
70以上12201010
タグ:基礎代謝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。