摂取カロリーとは

前回『カロリー』について説明しました。

今回は、もう少し細かく『摂取カロリー』について考えます。

『摂取カロリー』とは、食べ物によって体内に入ってくるエネルギーのことです。
食べ物の中でカロリーを持つの物は、「炭水化物」・「たんぱく質」・「脂肪」の3つだけです。
それぞれのカロリーは

「炭水化物」のカロリー: 1グラムあたり4Kcal
「たんぱく質」のカロリー:1グラムあたり4Kcal
「脂肪」のカロリー:   1グラムあたり9Kcal

となっています。

これにより、炭水化物を1グラム食べるのと、脂肪を1グラム食べるのとでは体内に蓄積されるエネルギーが違うということがわかります。
この事実は、非常に大切です。
この考え方を用いて、食事によるダイエット方法などが生まれるのです。
食事によるダイエット方法の詳しい話は、また今度。

『カロリー』のページでも書きましたが、『摂取カロリー』と『消費カロリー』の関係は、摂取量が消費量を上回った分が体に体脂肪として蓄積されます。
ダイエットをするためには、自分の『摂取カロリー』と『消費カロリー』をしっかり把握することが大切です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。