体脂肪(体脂肪率)について

ダイエットをする人の多くは、自分が太っていると思うからでしょう。
しかし、必ずしも太っていることが体によくないというわけではないのです。

一般的に、「体重が重い=肥満」と思われがちです。
確かに太っている人の多くは『肥満』かもしれません。

しかし、医学的には「体の中に脂肪が多すぎる状態」を『肥満』といいます。
一見スリムな人が実は骨や筋肉が少なくて『肥満』であったり、太って見える人が逆に適正と判断されることもあります。
つまり、『肥満』を認識する上で重要なものは、体重よりも体脂肪なのです。

では、自分の肥満度はどのように測るのでしょうか?

肥満度を測る方法として、以下の2種類の判定方法がよく利用されています。

@BMI指数
A体脂肪率

@のBMI指数は前述したので、今回は体脂肪(体脂肪率)についてみていきましょうexclamation×2


『体脂肪率』とは、体重に占める脂肪の割合で、体内の脂肪状態を数値として知ることができます。
最近では家庭で手軽に測定できる体脂肪計が登場し、 『体脂肪率』という言葉がより身近になりました。

『体脂肪率』の目安は男性と女性で変わってきます。
一般的に、男性の適正体脂肪は15〜20%、女性の適正体脂肪は20〜25%といわれています。
詳しくは以下の通り。

体脂肪率の目安
男性体脂肪率女性体脂肪率状態
15未満20未満やせ
15〜20未満20〜25未満適正
20〜25未満25〜30未満やや肥満
25以上30以上肥満


『体脂肪』が多すぎることは、もちろん問題ですが、少なすぎてもいけません。
『体脂肪』は最大約15万Kcalものエネルギーを蓄えることができます。
『脂肪』は、生きる上で欠かせないエネルギーの貯蔵庫なのです。
また、『体脂肪』は、暑さや寒さから体を守る働きもあります。
外の温度を遮断して、大切な臓器の温度を一定に保つ断熱材の役割をするのです。

その他、『体脂肪』の大切な役割にホルモンの分泌があります。
食欲を調節する「レプチン」というホルモンや、「インスリン」の作用を調整するホルモンを分泌します。
『体脂肪』は単にエネルギーの貯蔵庫というだけでなく、栄養摂取量の調節や代謝の調節をする重要な場所でもあるのです。

そのため、現代の『体脂肪』を減らせば減らすほどよいという風潮は、間違っています。
『体脂肪』は、適正体脂肪を守りましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。